更年期障害とは

自律神経失調症・更年期障害専門~鍼灸整体~えのもと整骨鍼灸院(大阪・城東区・深江橋)

更年期とは

日本人の女性が閉経を迎える年齢は、50~51歳といわれており、一般的には閉経をはさんだ、45歳~55歳の約10年間を「更年期」と呼びます。

更年期の期間

※ただし閉経年齢には個人差があるので、40代前半からはじまる人もいます。

更年期障害とは

更年期障害は、閉経にともない卵巣の働きが衰え、女性ホルモンである「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌が急激に減少することで起こります。

エストロゲンの増減グラフ

ホルモンのバランスが崩れ、心身にさまざまな不調があらわれる人がいます。女性ホルモンの減少で脳が混乱を起こし自律神経も乱れやすくなります。

更年期障害が発症するしくみ

更年期の症状はエストロゲンの減少だけでなく、それ以外にも症状を重くさせる原因として考えられるのがその人を取り巻く環境です。

ストレスを感じやすい環境にいると、心身が不安定になり、症状も悪化しがちです。

更年期は、子供の独立や親の介護、職場での立場や人間関係の変化など、生活が変わる時期と重なるため、ストレスとうまく付き合うことが大事なのです。

  • 身体的因子(加齢)
  • 心理的因子(仕事・介護・性格)
  • 社会的因子(職場・家庭における人間関係)

などが関与することで発症すると考えられています。

エストロゲンの分泌量が減少すると、今までエストロゲンによって調節されていた、身体の色々な機能がうまく働かなくなります。また、エストロゲンが低下すると脳は卵巣に対して、もっと女性ホルモンを出すように信号を送ります。しかしその際に信号が、周囲の脳に不要な興奮を起こしてしまうことで、自律神経の調節がうまくいかなくなります。つまり、女性ホルモンの急激な減少に身体がついていけず、神経の調節不良や心身の不調が起こりやすくなる状態になります。

若年性更年期について

これってもしかして更年期障害?
まだ30代なのに、、、
もう更年期障害が?と心配していませんか。

若年性更新障害

最近、30代から40代半ばの女性でも、生理不順になったり、月経が無くなって、女性ホルモンの分泌が乱れている人が急増しています。これは、ストレスや無理なダイエット、食生活を含めた不規則な生活などにより、早いうちから徐々に卵巣機能が低下してしまったことが原因と考えられています。 このような状態になると、ほてりや手足の冷え、めまい、落ち込みなど更年期障害に似た症状が見られるようになり、「若年性更年期障害」と呼ばれています。

若年更年期の不調に悩まされた人は、引き続き更年期を迎えた時の症状もひどく現れることが多くあります。だからこそ、日々のストレス解消や規則正しい生活を心がけ、早い段階で治療をおこないしっかりと対策を取ることが大切です。

更年期を上手に乗り越える

「更年期だから」と必要以上に恐れたり、不安になるのではなく、家族や友人に話すことで理解を得たり、積極的に趣味やスポーツに取り組むことで悩みやストレスを解消し、上手に乗り越えていきましょう。

自分自身で更年期かどうかわからない場合は、また日常生活が続けられない程つらい症状が続く場合は、まず医療機関を受診しましょう。更年期と思っていても、背後に他の病気が隠れている場合もあります。

代表的な更年期の症状

更年期障害の症状

のぼせ(ホットフラッシュ)・ほてり・頭痛・肩こり・汗をかく・不眠・イライラ・皮膚が痒い・動悸・気が沈む・めまい・胃もたれ

その他にも、

身体症状

ドライアイ、耳鳴り、息切れ、手足の冷え・しびれ、湿疹、背中の痛み、腰痛、関節の痛み、疲れやすさ、食欲不振、便秘下痢、吐き気、腹部膨満感、頻尿、残尿感、月経異常

精神症状

意欲の低下、集中力低下、イライラ、情緒不安定、やる気が出ない(無気力)、不安を感じる、物忘れ、憂鬱

などがあります。

特に日常生活にまで影響を及ぼす場合を、更年期障害とよび治療を必要としています。
早い段階での治療が、症状を早く回復させます。

更年期障害でお悩みの方は、一度えのもと整骨鍼灸院にご相談ください。